--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.31.Thu

アムール川流域から見た露清関係

以下の日程でシンポジウムをおこないます。興味のある方の参加をお待ちしています。

日時:2006年9月8日(金)13:00~18:00
場所:日本大学文理学部図書館オーバルホール
テーマ:アムール川流域から見た露清関係

内 容
報 告:
1.開会の辞・趣旨説明(13:00~13:20)
2.報告(報告者/「報告タイトル」)(13:20~17:00)
(1)「ザバイカル地方の歴史と自然」
   オレグ・ワレーリエヴィッチ・コルスン氏(ロシア・ザバイカル教育大学)
(2)「清朝時代、北京の俄羅斯ロシア旗人」
   劉 小萌氏(中国社会科学院近代史研究所)
(3)「アムール川流域調査報告」
   柳澤 明氏(早稲田大学),細谷 良夫氏(東北学院大学)ほか
3.全体討論(17:10~17:50)
4.閉会の辞(17:50~18:00

主催:東北学院大学オープン・リサーチ・センター

共催:東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト「東アジアの社会変容と国際環境」
   日本大学文理学部学術フロンティア事業中国文書等資料プロジェクト

問合先:東北学院大学オープン・リサーチ・センター
 TEL 022-264-6370
 E-mail ryuiki■tscc.tohoku-gakuin.ac.jp(■を@に変えてください)
スポンサーサイト
Top:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。