--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.29.Tue

「デジタルアーカイブの動向」全体学習会

 「デジタルアーカイブの動向(大学・MUSEUM)-デジタルアーカイブ白書の取材を通じて-」と題して、影山幸一先生に、デジタルアーカイブの10年及び今後について、日本大学への期待を込めて講演して頂きました。

 講演を通じて影山先生は、デジタルアーカイブそのものの定義が未だに定まっていないこと(データベースなどとの違いetc.)、未だに発展段階レベル4のレベル2の域にとどまっていることを、指摘されました。

 最後に、日大学術フロンティア事業のデジタルアーカイブについて、ある程度成果が出たところで、地域住民などとの連携によって、社会に還元できるシステムとして運用してもらいたいと締めくくられました。

 影山先生、ありがとうございました。
スポンサーサイト
学術フロンティア全体トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。