FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'12.24.Fri

管理用

管理用テスト
スポンサーサイト
Topトラックバック(0)  コメント(4)
2008'03.31.Mon

研究プロジェクト終了について

日本大学文理学部では情報科学研究所を中心に、文部科学省が推進する学術フロンティア事業の補助を受けて、多様な研究情報ならびに教育情報のデジタルアーカイブの構築と高度利用法の探求を目的とした研究事業を、平成15年度~19年度の間、実施してまいりました。このたび、本研究事業が無事終了いたしましたことを報告申し上げます。

本研究事業では、研究情報と教育情報のデジタル化を組織的に推進すべく、次の三つの課題を掲げて研究活動を行ってまいりました。

(1) 学術研究と教育に関わる多様なデジタルアーカイブの構築
(2) デジタルアーカイブの高度利用法の探求
(3) デジタルアーカイブ基盤システムの構築

以上の目的のうち、(3)が基本的な目標であり、(1)と(2)はそのためのケーススタディとして位置づけられます。本研究事業を推進することによって、各研究者が抱える研究情報と教育情報のデジタル化を促進し、日本大学文理学部を多様な研究情報と教育情報の発信基地としていくことを目指しました。また、情報学の視点からは、対象指向型情報学研究のモデルケースとして位置づけられることを目標といたしました。

初年度である平成15年度は、デジタルアーカイブ基盤システムの開発を主な課題とし、各デジタルアーカイブに関してはデジタル化対象の選定と収集ならびに、デジタル化の方法を検討いたしました。

2年目にあたる平成16年度は、前年度開発した基盤システムの本格運用を開始し、前年度の検討結果を踏まえて具体的なデジタルアーカイブの構築作業に入りました。さらに、各研究グループからの要望に応じてシステム機能の拡充を行いました。

3年目にあたる平成17年度は、デジタルアーカイブの構築が一層の進展を見せ、高度利用法の探求へと研究の比重が移行しました。

4年目にあたる平成18年度は、構築されたデジタルアーカイブをもとに、さらなる高度利用に向けての研究を推進するとともに、研究成果の公開に関わる諸問題の解決に向けて取り組みました。

5年目にあたる平成19年度は、これまでの研究活動の総まとめを行い、その成果を外部に広く公表することに主眼を置いた取り組みを行いました。

当初の構想として、3年目終了時と5年目終了時を節目とした計画目標を策定いたしましたが、その3年目終了時において、計画目標のうち9割程度が達成され、5年目終了時には、計画目標のほとんどが達成されたばかりではなく、当初の計画を上回る成果も得られたものと判断しております。今後は、得られた研究成果をより積極的に広く公表していけるように努めていく所存であります。

問い合わせ等がございましたら、Tel 03-5317-8955(または 03-3329-1151[内線3801])までいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申しあげます。

----------

以上、http://da.chs.nihon-u.ac.jp/より抜粋
Topトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.31.Thu

アムール川流域から見た露清関係

以下の日程でシンポジウムをおこないます。興味のある方の参加をお待ちしています。

日時:2006年9月8日(金)13:00~18:00
場所:日本大学文理学部図書館オーバルホール
テーマ:アムール川流域から見た露清関係

内 容
報 告:
1.開会の辞・趣旨説明(13:00~13:20)
2.報告(報告者/「報告タイトル」)(13:20~17:00)
(1)「ザバイカル地方の歴史と自然」
   オレグ・ワレーリエヴィッチ・コルスン氏(ロシア・ザバイカル教育大学)
(2)「清朝時代、北京の俄羅斯ロシア旗人」
   劉 小萌氏(中国社会科学院近代史研究所)
(3)「アムール川流域調査報告」
   柳澤 明氏(早稲田大学),細谷 良夫氏(東北学院大学)ほか
3.全体討論(17:10~17:50)
4.閉会の辞(17:50~18:00

主催:東北学院大学オープン・リサーチ・センター

共催:東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト「東アジアの社会変容と国際環境」
   日本大学文理学部学術フロンティア事業中国文書等資料プロジェクト

問合先:東北学院大学オープン・リサーチ・センター
 TEL 022-264-6370
 E-mail ryuiki■tscc.tohoku-gakuin.ac.jp(■を@に変えてください)
Top:  トラックバック(-)  コメント(0)
2006'03.10.Fri

加藤班勉強会

3月24日(金)開催の「加藤班勉強会」の要領を以下の通りご連絡いたします。

・日時:2006年3月24日午後6時~8時
・場所:広領域地階アーカイブ室
     *事務局による夕食の準備はありません。
     *終了後、希望者による懇親会を予定しております。
・当日プログラム:
 1.本年度の作業概要(事務局)
 2.各研究分担者の今年度成果報告
 (1)加藤直人・綿貫哲郎;「満洲語档案資料」
 (2)松重充浩;「奉天公報」
 (3)高綱博文;「上海絵はがき」(通称:甫喜山コレクション)
 (4)斎藤史範;「明代図書資料」
 (5)江夏由樹;「近代中国東北地域の農村経済に関する資料データベース」
 (6)中見立夫;「満洲国外交部人名データベース」
 (7)柳澤 明;「清国漂流記」
 (8)綿貫哲郎(PD);「満文内国史院档:順治朝」
 (9)その他
 3.各研究分担者の来年度作業予定
 4.その他
    *上掲プログラムは、場合によって当日の変更もあります。

 *研究分担者の先生方には、対応方よろしくお願いいたします。
Top:  トラックバック(-)  コメント(1)
2005'02.12.Sat

「上海絵はがき」ワークショップ終了

昨日、広領域情報学研究センターで行われたワークショップは30名近くの参加者を得て、盛会のうちに終了しました。
ありがとうございました。

ご報告頂いた貴志俊彦先生(島根県立大学)・甫喜山精治さん(日本上海史研究会オブザーバー)・高綱博文先生(本学通信教育部)、司会の小浜正子先生(本学中国語中国文学科)には特にお礼を申し上げます。懇親会では失礼いたしました。

今回のワークショップの内容については、近いうちにHP上にアップする予定です。
Top:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。